menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



冷えは万病のもと 不調は冷えのせいかも

公開日:2021年01月21日 カテゴリー:健康・病気, 免疫力アップ タグ:

『冷えは万病のもと』

ということわざがあります。
体が冷えることは、すべての病気の原因になる、ということ。

寒い冬はもちろん、夏場でも冷えを感じている
40代以降の女性多いのではないでしょうか?

病気というほどではないけど、
体がだるい
疲れやすい
肌荒れ
むくみやめまいなども引き起こす冷え。

女性1
女性1
つらいよね~


 

こんなお悩みがある人へおすすめします。

手足の先が冷える
肌が乾燥しやすい
唇が紫色
むくみ
めまい、立ちくらみ
しもやけ、あかぎれ
血圧が低い、貧血気味
手足のしびれ、ひきつり
月経が遅れがち
便秘や下痢 肌荒れ、くすみ
アトピーやじんましん
頭痛
肩こり、腰痛

 

冷え症は、手足の先に行く細い血管の血行が悪くなり、
手足や体の表面の温度が下がって冷たく感じる状態です。

しかし、冷え症を解消するために、
即効性のある方法はありませんが、
ちょっとした生活習慣の改善で
解消することができます。

体の中心を温める

お風呂に入ってもすぐに冷たくなったり、
寝るときも足先が冷たくてつらい!!
そのために寝るときに履くための靴下も売っているくらいです。
ただ、足先だけ温めても
全身の血管が広がらず冷えているので、
それでは改善しにくいです。
体の中心部を温めて、手足に届けるようにすると
緊張がゆるんで、手足に血流が増え暖かくなります。
なので、胸・背中・お腹を覆う面積の広い下着を
着用するといいですよ。
腹巻なんかもいいですね。
ただこの時きつく圧迫するような下着はNGです。

体の中を温める

体の中を冷やす食品も控えて、体を温める食品を
取ることで解消できますが、
これを食べるとすぐ解消!という食品は残念ながらありません。

例えば体を温める食材として知られるトウガラシ
その主成分であるカプサイシンは体温を上げる作用はあるけれど、
発汗のため体温は逆に下げてしまいます。

体を温めるといわれているショウガも、
ジンゲロールを多く含み温感を高め血流をよくしてくれますが、
一時的なもので大量に摂取しても冷え性は改善しないそうです。

特定の食品にこだわることをしないで、
栄養バランスを整えることが冷え症を解消するのに効果的。

食事では冷たいもの避けて、体温以上のものを摂るのがベストです。

食べすぎも冷えを起こします。
食べ過ぎると消化のため、血液が胃腸に集まってしまって、
筋肉やほかの器官へ血液供給が減ってしまいます。


体が冷えると体調も悪くなります。
体調を整えるためには温活は大切!


予防法

①入浴 38~40℃ぐらいのぬるめのお湯に20分くらい
 つかると体の中からじっくり温まります。体のリラックス効果につながります
②朝食をしっかる食べる。
③無理なダイエットはしない
④タバコは血液の循環を悪くするので控えましょう。
⑤きつめの下着や服、靴下は血流を悪くするので、締め付けないものに。
⑥規則正しい生活をして、十分な睡眠をとり、  
 ストレスをためないようにしましょう。
⑦冷たい飲み物や食べ物は控えましょう
⑧筋肉量を上げましょう。  
 筋肉は身体を宇賀かす役割以外に
 熱を作り出す役割もあります。  
 30分くらいのウォーキング  
 適度な運動は筋肉量アップと、
 自立神経の機能もアップ
⑨ホルモンバランスの乱れ  
 ホルモンバランスが乱れると自律神経の乱れにもつながる。  
 そうすると血行不良を引き起こして冷えを招くので
 お医者さんに相談されるのが1番

日常で予防法を取り入れて改善されるなら それにこしたことはないけれど。

この冷え症はいろんな病気のもと
貧血や低血圧、生理不順などがある場合 診察してもらってくださいね。
冷えを引き起こすもので 40~50歳代の大きな悩みの1つ

更年期障害・・・

更年期障害と冷え

ホルモンバランスが急激に変化することで 身体や心にトラブルを起こします。


冷え  
肩こり
疲れ だるさ
いらいら
のぼせやほてり
不安感

更年期障害は性格によっても 症状の重い人と軽い人があるようです。

ストレスも冷えの原因の一つ
ストレスにより自律神経が乱れ、
交感神経が緊張し血流が悪くなります。


パートナーと良好な関係の人は 軽かったり。
そう考えると ストレスの影響は心身共にかなり影響があるようですね。
ストレスは万病のもとですが、免疫にもストレスは天敵。

「1日くらいでは免疫は落ちませんが、
ストレスが1週間以上続くと、免疫は低下する場合があります」
と京都大学の河本先生がおっしゃています。
ストレスをなるべくためず、
健康にいいといわれている
ちょっとポカポカするぐらいの
ウォーキングなどの運動をして 体温を上げる努力をしていきましょう。

子供の冷えも増えていて、イライラしていたり
切れやすかったりする子は冷えに注意してみた方がいいそうです。

体調をよくするためには体を温めることは大切!

体温を上げて血流をよくして 50代のこれからをもっと輝かせましょう! 





おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす