menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【プレ更年期】

公開日:2020年10月13日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:, , , , , ,

【プレ更年期】

 

「プレ更年期」をご存知でしょうか?更年期は知っているけどプレ更年期は聞いたことがないという方は意外といらっしゃるかもしれませんね。

 

更年期は卵巣の働きが止まり、閉経する前後の約10年で女性ホルモンのバランスが崩れて体調面や精神面に変調が現れることをいいますが、プレ更年期は閉経前であり、まだ更年期の変調が本格的に現れる前の体調面や精神面に少しずつ変化が出てきた状態と考えてもらえたらよいと思います。

 

プレ更年期いつから?

一般的に女性の更年期は50歳前後で閉経を迎え、閉経前後の約10年前後と言われているので40後半くらいからを差しますが、プレ更年期は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が顕著に出てくる30代後半くらいからになります。

まれに20代の女性の方でもほてったり、のぼせたりイライラするなどの更年期の症状が現れることもあるようです。

女性1
女性1
30代なんて更年期とは関係ない世代だと
思ってたわ


 

プレ更年期の原因

プレ更年期の原因は様々あります。

 

まずは過労です。30代になってくると結婚して子育てと家事をこなしていかければならなかったりします。仕事の面でも働き盛りで仕事の量が増えたり、管理的な立場になったりと疲れが溜まりやすい状況になってくる年代なので、その疲労が蓄積されることで女性ホルモンのバランスが崩れて更年期のような症状が出てきます。

 

次にストレスです。30代は仕事や家事や育児などで身体的な疲れだけでなく、ストレスも感じることが増えてきます。ストレスを溜め込んでしまうと自律神経の働きが乱れてきます。自律神経は身体のいろいろな器官を司っているので、自律神経が乱れると心の部分だけでなく身体の不調としても様々な症状として出てきます。

 

そして不規則な生活も原因になる恐れがあります。栄養バランスが偏っていたり、栄養が足りない食事を繰り返すことや体を動かす機会が少なく運動不足や睡眠時間が短かったり、睡眠が浅いなどの睡眠不足などで女性ホルモンの分泌に問題が起こって症状が出ることも。

女性2
女性2
たしかに公私ともに忙しい年齢だから、
無理しちゃうことが多いわよね


 

プレ更年期対処法

プレ更年期の対策としては普段の食事から改善していきましょう。

・イソフラボン

更年期の対策として有名なイソフラボンはもちろんプレ更年期にも有効です。女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンは肌のハリやツヤを保つ働きや、食物繊維も含むので腸内環境を整えてくれる他にもカルシウムも含むので骨粗鬆症の予防にも繋がります。イソフラボンを多く含む食品はやはり大豆を使った豆腐や味噌、納豆などですね。

 

・ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用があって血液の流れを良くしてくれます。血液の流れが良くなることで卵巣に血液や栄養を届けるのでプレ更年期には必要です。アーモンドなどのナッツ類や卵、かぼちゃなんかにビタミンEは含まれています。

 

・亜鉛

亜鉛にはホルモンのバランスを整える働きがあり、卵巣にも多く含まれるので女性ホルモンの働きにも影響を与えてくれます。亜鉛を含む食品として牡蠣、レバー、煮干しなどがあります。

 

そして、日々のストレスを上手に解消していくのも大切です。たくさんのことがあり、手いっぱいになりプレッシャーを感じることもあると思いますが、落ち着いて肩の力を抜くことや周りの人達に助けてもらうことも大切です。

 

苦しい時やつらい時にずっと我慢して疲弊していってしまうことは自分自身だけでなく、周りの人達も苦しませたり悲しませたりするかもしれません。苦しい時やつらい時にそれを口に出す勇気も大切です。

 

女性1
女性1
栄養バランスや睡眠など気を付けるのはもちろん
自分ひとりでできることは限られてるから、
周りに助けを求めることも大事ね






おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす