menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【気になる白髪】

公開日:2020年09月29日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:, , , , ,

気になる白髪

 

白髪の悩みは30代くらいのそれなりの年齢になってからの問題ではなく、10代でも若白髪など老若男女関係なく多くの人が抱えている問題ではないでしょうか?白髪はどうして生えてくるの?白髪になったらもう黒髪に戻らない?気になる白髪の原因と対策が気にになりますよね。

 

白髪の仕組み

髪の毛は実は頭皮から生えてくる前の状態は誰でも白髪だそうです。それが「メラノサイト」という色素細胞でメラニン色素が作られ、そのメラニン色素が髪の毛に取り込まれることで黒髪となって頭皮から生えてくるのです。ですが、様々な要因でメラノサイトの機能が低下したり、停止してしまうことでメラニン色素が作られなくなったり、髪の毛に取り込まれない状態になることで白髪のまま生えてきてしまいます。

 

基本的に白髪は30代くらいから生え始めてくると言われていますが、10代でも若白髪として生えてくる場合もありますね。若白髪の原因としては不規則な生活や寝不足、ダイエットなどがありますが、遺伝も関わっていることもあるようです。様々な要因と対策をみてみましょう。

女性1
女性1
問題は
なぜメラニン色素が取り込まれなくなるかよね


 

〈栄養不足〉

栄養不足も白髪の要因であり代表的なものにたんぱく質、ミネラル、ビタミンがあります。たんぱく質はオルニチンと一緒に摂取することで髪の毛の育成を促します。ミネラルは海藻などのヌメリの成分で、髪の毛の保護や頭皮の乾燥を防いでくれます。ビタミン、特にビタミンCには肌や髪の毛を作るためのコラーゲンを生成する働きがあります。

 

〈紫外線〉

紫外線も要注意です。頭皮に紫外線があたり刺激を受けると活性酸素が生成されます。活性酸素が増えると身体が酸化し、体内の細胞などの働きが抑制され、毛髪の細胞の働きも低下して白髪が生えやすくなります。なので太陽の下、出かける際は帽子や日傘を使うことを心がけましょう。

 

 

〈ストレス〉

ストレスによっても白髪は増えてしまいます。まずストレスの影響で血管が収縮して血行不良になって髪の毛の成長や白髪の抑制に必要な栄養素が細胞まで届きにくくなる場合。

次にストレスで交感神経が優位になって皮脂の分泌が活発になり、その皮脂が徐々に酸化することで「過酸化脂質」となり、過酸化脂質が頭皮に増えるとメラニン色素を作るメラノサイトの働きが悪くなって白髪が生える原因となってしまいます。過酸化脂質の除去には炭酸シャンプーなどを使用したクレンジングが有効です。

 

〈遺伝〉

両親のどちらかが若い頃から白髪が多いと遺伝となって若白髪となりやすいと研究もされているようです。しかし、白髪を生えにくくするように対策をして白髪が生えてくる歳月を延ばすことは可能です。

 

白髪の要因にはいろいろありますが、白髪は加齢とともに訪れるものでもあります。
白髪を染めるのが一般的な対処ですが、ただ単に白髪を染めるのは髪の毛を痛めてしまうし、お金もかかるので自分にあった対処をしっかり考慮して行うのが良いでしょう。

 

女性2
女性2
白髪染めに頼らずに
根本的に解決することで
白髪を予防するのが大事なのね


 





おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす