menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【歯周病】とは

公開日:2020年09月17日 カテゴリー:口内衛生 タグ:

【歯周病】とは

こんな症状があると歯周病かも?

・口臭が気になる
・歯磨きをしたら出血する。
・朝起きた時、口の中がネバネバしている。
・歯肉が赤く腫れぼったい。
・歯肉がムズムズする。痛みがある。
・歯と歯の間に隙間ができて、ものが挟まりやすくなった。
・かたいものが噛みにくい。
・前歯が出てきた感じがする。

女性1
女性1
思い当たる症状があるわね


 

では歯周病ってどんな病気なのでしょうか?

歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれています。「膿漏」って字でみると膿(うみ)が漏れる(漏れる)なんか想像するとうわ〜ってなります。ただ歯周病(歯槽膿漏)が進行すると細菌感染して膿が溜まり排膿したりします。この時、膿により口臭がかなりきつくなっている場合が多いです。

 

歯周病の原因となるのが、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患です。歯と歯肉の境目の汚れがちゃんと除去できないと、細菌が滞り、歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりしますが、痛みはほとんどの場合ありません。痛みがあったりすると、歯医者に行こうと思うのですが。。。痛みがない為、そのまま放置される事が多いのがこの病気の特徴でもあります。

 

そのまま進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支え土台となっている歯槽骨という骨が溶けていきます。歯を支えている骨が溶けて無くなっていくのですから、歯を支えきれなくなり歯が動くようになります。最終的に歯を抜くことになってしまいます。

 

<健康な歯肉>

歯と歯肉の間に1〜2mm程度のすき間があります。
   



 

<歯肉炎(軽度)>

歯垢(プラーク)が溜まったまま放置すると、歯肉に炎症が起き
2〜3mmのすき間(歯周ポケット)ができます。

 

 

<歯周炎 (軽度)>

歯肉の炎症がひどくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入します。
歯槽骨や歯根膜(歯根と歯槽骨の間にありつなぎ止めている懸架組織。
クッションの役割もある。)も破壊され始めます。
歯周ポケットは3〜5mmまで深くなっています。

 

 

<歯周炎 (中度)>

炎症がさらに拡大し、歯槽骨が溶け始め、歯がぐらつきはじめます。
この時の歯周ポケットはだいたい4〜7mm。


 

 

<歯周炎 (重度)>

歯槽骨が半分以上溶けてしまい、歯はグラグラでかめない状態です。
歯周ポケットは6mm以上です。

女性1
女性1
こんなことが自分の歯におこっていると思うと
怖いわね。


 

では歯周病の直接的に原因となっているのは何でしょうか?

それは歯垢(プラーク)

歯垢(プラーク)はいきた細菌のかたまりで、酸素の少ない場所を好む(嫌気性菌)ので歯と歯肉のすきま(歯周ポケット)に潜んでいます。この歯垢(プラーク)の中の細菌が毒素を出します。その為炎症が起きてしまいます。

 

歯垢(プラーク)は約2〜3日で石灰化し、歯石となります。この歯石が一度ついてしまうと、歯磨きでは落とすことはできず、歯周病を悪化させます。実は歯石自体には病原性はありません。なぜ歯石が悪いのかというと、その構造に理由があります。顕微鏡でみると歯石の表面はデコボコしており、たくさんの穴が開いています。そこに細菌が溜まり繁殖されます。その汚れは歯石を除去をしないと取り除く事ができない為歯周病が進行させる原因となります

 

実際、歯周病によって抜歯した歯には根っこの方まで歯石がついている事がほとんどです。

この絵のように根っこの方まで黒い歯石がびっしりついています。


この歯石。自分でとる事ができると思いますか?

答えは  無理です! 取れません!

 

ネットで歯石を調べると「歯石 自分で取る方法」とか「歯医者に行かず歯石を取る方法」とかどんどん出てきます。私が歯科衛生士をしていた時、下の前歯の裏側(舌側)のまだつき出して日が経っていない歯石を、歯石除去用の道具(スケーラーという歯石を取るためのもの)を使って取っていたこともありますが、余計にざらつき、ざらついている所には汚れも付きやすいため、すぐに新しい歯石が付きました。

 

それに歯石が付きやすい場所は自分では見えづらいです。Amazonなどのネットでもいろんな種類の専用の道具が販売されています。しかしやはり自分では無理です。おまけにその器具で歯肉や、傷つけたくない歯に傷が付きます。

 

自宅で歯医者に行かず歯石とりができると楽だと思いますが、私のように国家資格を持っている者でも至難の技です。虫歯、歯周病の進行を極力防ぐ事ができるのは毎日の歯磨きです。

 

そして、定期的に歯のクリーニングと定期検診を歯医者の先生にしてもらう事が何より大切です。歯石もしっかり溜まってしまうと、歯石除去が1日で終わらず、何日かに分けてする必要になります。


歯周病になると、口臭もかなりキツくなったり歯がグラグラしたり、抜くことになって歯の数が減ると食事に影響が大きくでます。毎日使う歯!しっかりケアをして健康な歯を維持してくださいね。

女性2
女性2
歯がなくなってしまわないように、
ちゃんとしたお手入れが大事ね






おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす