menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



やる気が出ない、疲れた時の対処法4つ

公開日:2020年06月21日 カテゴリー:心(ストレスケア) タグ:, , , , ,

やる気が出ない、疲れた時の対処法4つ

あなたは心に何かのショックを感じた時
ふとやる気が出ない時もあると思います。

人生において常にやる気が一杯で満たされている人などはいないのです。
やる気が出ないときの対処法を5つご紹介します。



①やる気を出してもいいし、出さなくてもいい

そもそもやる気が出ない人の価値観には
「ヤル気をださなければならない」という強い観念が存在します

なので自分がやる気という理想価値と比較して
自分がやる気になっていないという判断を勝手に下し、
他人と自分との比較劣等感からやる気が出なくなってしまうのです

特に日本人は子供のころからの賞罰教育で他人と比較してしまいます。
何も谷と比較する必要は無いのです

あなた、はあなたなのですから
まずは、やる気をだしてもいいし、出さなくてもいいし
というニュートラル思考を自分に感じてみてください

 


②環境を変えてみる

 

これは何も職場をかけて転職を進める、という意味ではありません。
「いつもと違う風景を体感する」ということでです。

たとえば、森林浴を浴びたり、川のせせらぎを聞いたり、
動物園に行ったり(動物ヒーリングはとても効果があります)

いつもとは違う場面で、いつもと違う雰囲気を楽しむという
という行動をとってみましょう。

まずはあなたの脳の中にある、「やる気をださなければならない」
という価値を少しでも薄めていく作業が必要です。

癒しという空間は脳を休めるスポットとしては最適なのです




③心理学の根幹を学ぶ

 

これはセミナーに参加したり、書籍を読んだりすることで
時間のかかる分野でもありますが

脳科学、心理学の根幹を学び
「人はなぜ?やる気が落ちるのか?」を勉強することです。

決して自己啓発ではありません
自己啓発の考え方は
・あともう少し頑張ればチ被ける!
・今の自分に蓋をして進む!

など、悩みの根幹に触れずに表面上の自己洗脳の世界です。
それは金メッキを塗った感覚であり、
すぐにメッキは剥がれてきます。

正直、自己啓発の世界では、自己変化は一瞬だけで
また悩み、苦しみはすぐに訪れます。

人間の悩みを解決する思考を身に付けるには本質から学ぶ必要があります。
それが脳科学、心理学という分野の研究者から教えを受ける
ということが正直一番効果が出やすく
時間もかかりません

心理学で誰もわが分かり安いのは
「目的論」のアドラー博士は代表格と言えます。

アドラー心理学を学ぶだけでも、あなたは楽な気持ちになることが出来るでしょう




④とりあえずやってみる

 

難しいことを考えるから「やる気」が出ないのです
何も難しいことを考える必要はないのです。

そして、上手くやらなければならない」と思っているから
「やる気も出ないのです」

まずは「上手くいってもいい、し失敗してもいい」

楽しむために行動する
成果の為ではなく、まずは行動
そして、その行動を楽しむ
何かしら得れるものあります。

深く考えず、「楽しむ」
まずは適当でいいから、「行動」してみる
という軽い気持ちを自分の中に取り込むことが大切です



おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす