menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



「過去」「未来」への心配性は幻想にすぎません

公開日:2020年06月20日 カテゴリー:心(ストレスケア) タグ:, , , , , , ,



「過去」「未来」への心配性は幻想にすぎません

 

■心配性は「幻想」

人間という生き物は「想像」することができる唯一の生き物です。

それゆえに、
未来を想像、イメージすることも
過去も振り返ることも可能です。

あなたも
「明日初めてのことを体感する不安」
「数年先の自分の人生」

など「未来」に関して不安に思うことはありますよね。

実はこの「不安」という機能が無い人間は存在しません。
世界中の誰もが「不安」機能が備わっています。

「不安」への感じ方も人それぞれです。

人によってはそんなことで不安なの?という内容で
眠れない人もいますし、
ものすごく大きなものを抱えて「不安」を感じない人もいます。

不安は結局ストレスにつながり
心に大きな負担がのしかかってきます。

極力、極力不安を感じない人間になったほうが楽に生きていきますよね?
では、どうやったらこの不安という機能が改善され、
不安を感じなく生きていくことができるのでしょうか?





■人の未来は「今ここ」の連続でつながっている

人の未来は、絶え間なく続く「今」の連続で出来ています。
それは、「今ここ」に対してやるべきことをやらず、
未来や過去をイメージばかりしていては、
結局は理想の未来が訪れることはありません。

アドラー心理学でも「刹那的に生きる」と言っています。
「刹那」とは、仏語であり、時間の最小単位をいいます。

いわば、「刹那的に生きる」とは
時間を意識していきる
⇒今の瞬間を生きる
⇒今の時間に集中して生きることが大切

ということです。
お釈迦様も「刹那」という時間感覚を大切に語っています。

有意識で「過去も未来も見ずに刹那え生きる」
という感覚を養う必要があります。



■課題の分離

 

アドラー心理学に「課題の分離」というものがあります。

『課題の分離』とは、問題や課題を目の前にして、
『この問題・課題の最終的な末路を経験し、責任を負うのは誰か』を考え、
「この課題に向き合うべきは、私自身だ!」、
「自分の課題だと思っていたけれど、本当はあの人の課題だわ!」といったように、
課題が誰に属しているのかを仕分けていくことを言います。

「未来」や「過去」はもう自分ではどうすることもできません
「過去」行ったことを反省はできても
もう取り戻すことはできません。

「未来」はまだ誰にも分らないので誰にも何もするこはできません。

この自分ではどうすることもできない範囲を「課題」ととらえ、
どうすることもできないのですから
「もう考えない」という考え方が「課題の分離」です。

思わない、イメージしない、考えない、
だってイメージして恐怖を感じても
何もならないということです

それは自分がただ、ストレスを感じるだけになります。
「過去」「未来」を「課題の分離」を行う

考えたってしょうがないから考えない
そして未来はいまの連続ですから
「今ここに集中」=「刹那的に生きる」

この考え方が結局は自己実現を叶える一番の得策となります。

どうせ、「未来」はやってきます。
毎日心配ばかりしていても「未来」はやってきます。

だったら今を精一杯生きて
やってくる「未来」を迎えようじゃありませんか?

コントロールできない「過去」「未来」に不安を感じるていては
人生が損です。
いらないストレスをわざわざ感じる必要はありません。


■未来は誰にも分らない


「未来」は誰にも分りません。
その人にとって嬉しい未来が訪れるのか?
その人にとって残念な未来が訪れるのか?
それは誰にも分りません。

本人も分かりませんでの、
他の誰も分かりません。

あなたが、毎日一生懸命「未来」へ不安を感じていることは
「幻想」を毎日一生懸命イメージしているのです。

「幻想」とは、現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。
また、そのような想念をいいます。

同じ「幻想」を抱くなら
自分が未来で楽しいんでいる幻想を描きましょう!

世界中の人々や子どもが笑顔で暮らせる社会や
犯罪が起こらない平和な世界など、

同じ「未来」でも誰もが笑顔になってる「幻想」を抱きましょう。

わざわざしんどいイメージの「未来」の幻想を抱く必要などありません。
どうせ、あせっても、泣いても「未来」はやってくるのでうから。


あなた「幻想」を見ているだけなのです。
わざわざそんな「幻想」をる必要はありません。

「今ここに集中してく生きる」
これがあなたにとって最適にストレスなく過ごすことができる生き方です。
それは「今を受け入れる」ということになりますね。

生きていると
「なぜ?こんなことになるんだ!」
「自分の思い通りにならない!」

と感じることは毎日だと思います
その度にストレスを感じているのはしんどくないですか?

「幻想の未来」見ずに「今ココに集中」

「今を受け入れて生きる」

「自分の人生を楽しむ」

というロジックにつながっていくのです。

 



おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす