menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【出来てしまったシミに別れを告げる】まだ間に合うお手入れ方法。

公開日:2020年06月06日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:, , , ,

出来てしまったシミに別れを告げる。まだ間に合うお手入れ方法。

 

毎日鏡をみていてふと気が付く

 

「あれ?こんなところにシミなんてあったかしら・・・」

 

一度気になり出したら次々と見つけてしまいませんか?「歳だから仕方がない」、「普段からきっちり予防をしていないから」と、諦めてしまう人も多いかもしれません。

 

でもあなたの周りを見てください。年齢の割にお肌のシミがほとんど見当たらない人はいませんか?もしかすると諦めるのはまだ早いのかもしれません。

 

女性1
女性1
まだ間に合うの?
市販の化粧品を試してみたけど全然効果がなかったわ。

まずはシミの原因から考えてみる

 

日常生活で紫外線を浴びると、メラノサイト内でメラニンと呼ばれる色素が生まれます。これは紫外線から細胞核を守る働きがあります。

 

皮膚は正常に働いていれば28日前後の周期で生まれ変わる(ターンオーバー)ものです。ですので紫外線を浴びて生まれたメラニンも、同じく28日の周期でその役割を終えて消えていきます。

しかしながらメラニンが過剰に生成され、ターンオーバーに乱れが生じてしまうと、消えていくはずのメラニンがそのまま残って沈着→シミになってしまうのです。

 

女性2
女性2
お肌の働きが正しければ、
シミってできないものなのね。


 

ではシミを消すにはどうすれば良いでしょうか?

 

「シミを消す」や「美白」を謳う化粧品はたくさんあります。コンビニやドラッグストアで購入できるプチプラコスメから、百貨店などで購入する高価な化粧品。最近ではネット通販で購入する人もたくさんいると思います。

 

まずはプチプラのコスメから始めるのが良いと思います。医薬品や医薬部外品を使用したほうが効果は高いのですが、副作用や注意点があるため気軽に手を出すのはオススメできません。まずは毎日続けられる価格帯の商品を、日々のスキンケアにプラスする形で取り入れるのが良いでしょう。

 

いきなり高価な化粧品を購入しても、きっちり使用できずに使用期限を過ぎてしまうという話しも良く聴きます。まずは「習慣化」するということを目標としてください。

 

女性1
女性1
毎日続けることが大切なのね


 

プチプラコスメでまったく効果がない人は

 

薄っすら見える程度のシミでしたら、プチプラコスメでも継続することで効果はでるでしょう。しかし濃くて目立つシミに関しては、とても時間がかかるため目に見えるような効果がなかなか出ずに、「全く効果がない」と諦めてしまう人が多いです。

 

でしたらそこで諦めるのではなく、次の段階として「ハイドロキノン」の使用を検討してみてはいかがでしょうか?ハイドロキノンとは皮膚科でシミ治療に処方される成分で、シミの原因であるメラニン合成酵素のチロシナーゼを阻害する成分があります。

 

ですのでシミの原因であるメラニン色素自体を作らせなくする働きがあります。「お肌の漂白剤」とも呼ばれており、皮膚科でも処方されることから効果が確実視されています。

 

女性1
女性1
お肌の漂白剤だなんて、すごくききそうね。


 

皮膚科に通う時間がない人はどうすればよいのか?

 

ハイドロキノンがシミに効果が高いのは良いですが、皮膚科に継続的に通うのはなかなか難しい人もいるでしょう。そのような人はネット通販で購入することも可能です。ただし購入と使用の際には以下のことを注意してください。

・日本の薬事法に違反しているサイトからは購入しない
・ハイドロキンの濃度は4%までにおさえる
・治療中は日焼け止めをきっちり行う
・肌に合うかどうかパッチテストを行う
・最初は夜寝るときだけ使用して、朝はきっちり洗顔を行う

以上のことを守ってください。

 

まとめ

 

ハイドロキノンは使用に慣れてくれば朝晩2回使用しても良いですが、使用中に紫外線を浴びてしまうと、シミが逆に濃くなってしまいます。用法と容量をきっちり守って、シミのない美しいお肌を手に入れてください。

 

女性2
女性2
用法・容量を守って、正しく使うのが大事なのね。






おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす