menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【新型コロナウイルスの治療薬】各国の進捗状況はどうなっている?

公開日:2020年05月22日 カテゴリー:コロナウイルス タグ:, , , , ,

新型コロナウイルスの治療薬。各国の進捗状況はどうなっている?

 

新型コロナウイルスの始まり

現在世間を騒がせている「新型コロナウイルス(COVID-19)」ですが、一般的には昨年の12月頃に中国の武漢市で発生が確認されたと言われています。しかしながら知人(配偶者が中国の方)からの情報では、昨年の11月時点で感染はかなり拡大しておりお亡くなりになったかたも多かったそうです。

そう考えると発生からすでに半年以上が経過しており、そろそろ根本的な対策がどうなっているのか気になりませんか?

女性1
女性1
ずいぶん前から発生していたのね。
もっと早く手はうてなかったのかしら・・・


 

現時点での新型コロナウイルスの世界各国の感染状況


それでは各国の対策状況を確認する前に、現状を把握することにします。感染自体はすでに世界中で確認されており、地域によって感染者数に対する死亡率にはかなり差が見受けられます。感染者数が多い順にまとめると

1.アメリカ合衆国 150万人(89,404人)
2.ロシア 27万2千人(2,537人)
3.イギリス 24万人(34,466人)
4.ブラジル 23万3千人(15,633人)
5.スペイン 23万1千人(27,563人)

全世界総数 463万人(31万1千人)
<2020年5月16日現在。新型コロナウイルス感染数上位5国のみ表示。()内は死亡者数を表す>

 

先進国でも欧米諸国での感染拡大が顕著に見受けられます。まとめてみると意外なことに、発生国である中国はトップ10にも入っておりません。人口比率で考えると意外な結果になっております。

男性1
男性1
アジアではあまり広がってないの?
広がり方に差があるんだね。


 

この状況を打破するために、現在進行中の治療薬の状況は?

現在研究が進められている新型コロナウイルスの治療方法は、既存の薬を流用する方法で大きく分けると2つに分けられます。

抗ウイルス薬(ウイルスの増殖を抑えることで症状を緩和)と、肺炎や呼吸器異常の治療薬を流用して重症患者の症状を軽減するものです。

抗ウイルス薬としては、

・アビガン(日本) <インフルエンザ感染症>
・レムデシビル(アメリカ) <エボラ出血熱>
・ロピナビル(アメリカ) <HIV感染症>

などが日本において有力視されたおり、認可がおりています。レムデシビルにおいては、高い効果が見込めるようですが、重大な副作用も報告されており、肝臓と腎臓に障害がある場合は服用は難しいかもしれません。。

女性1
女性1
副作用があるなら、
摂取は慎重にしなきゃいけないわね


 

新薬の開発について


新薬の開発には途方もない時間とコストがかかります。世界各国で新薬の開発を急いでおり、

日本の武田薬品工業(米国企業など5社と合同)や塩野義製薬、アメリアのファイザーやリジェネロンやビル・バイオ他、複数の国や企業が開発を進めています。

根本的な解決を図るワクチンの開発は?

もっとも注目されるワクチンの開発ですが、こちらはたくさんの国と企業が進めているため身近な日本企業の状況を確認したいと思います。日本企業で開発を進めているのは、田辺三菱製薬とアンジェスと塩野義製薬になります。

田辺三菱製薬・・・カナダにある子会社のメディカゴが開発した様粒子を利用し、すでにワクチンの非臨床試験に入っているようです。

このまま順調に進展すれば、8月にはヒトでの臨床試験を行うことが出来るかもしれません。


アンジェス・・・大阪大学と共同開発。実際のワクチンの制作に関してはタカラバイオが協力をおこなっており、現在は非臨床試験を実施している。


塩野義製薬・・・関連会社のUMNファーマが、AMED(日本医療研究機構)のワクチン開発事業に参加して抗体の制作をおこなっており、年内をメドに臨床試験を行えるよう協議中とのこと。

 

まとめ

通常は18ヶ月かかると言われている新薬の開発ですが、非常に急ピッチで進行しています。このままいけば年内には何かしらの結果がでることが期待できそうです。数年後には従来のインフルエンザのように、当たり前にあるものになるのでしょう。

ここまで拡大してしまった以上、根絶することは難しいかもしれませんが、恐れ過ぎず上手に付き合っていくことが必要になるのではないでしょうか。





おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす