menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



美容の天敵は「糖化」だった!? 【抗糖化力アップが美肌への近道】

公開日:2020年05月07日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:, , , , , , , ,

美容の天敵は「糖化」だった!? 抗糖化力アップが美肌への近道

あなたは「糖化」ってご存じですか?

 

聞きなれない方もおられるかもしれませんが、老化現象の仕組みについていろいろな研究が行われる中、近年では「糖化」がお肌の状態に密接にかんけいしていることが判明しています。

この「糖化」がお肌を老化させる原因の一つであり、「糖化」を防ぐことで美肌になることができるのです。

女性1
女性1
糖化って怖いのね


 

糖化とはどのような現象なのか?

 

みなさんもご存じの三大栄養素(タンパク質・糖質・脂質)ですが、このうちの糖質(炭水化物)に注目したいと思います。糖質は、パンやお米、果物や野菜など様々なものに含まれています。糖質は私たち人間が活動するうえでなくてはならない栄養素ですが、取りすぎると体に悪影響を与えてしまします。

お肌の構造でご存じの方も多いとは思いますが、お肌の主成分はタンパク質です。このタンパク質はお肌を構成する細胞を生み出すだけではなく、生み出した細胞が正常に活動することができるようサポートする役割もあります。

しかしながら日々の食生活の中で、糖質を過剰に摂取してしまい体内で消費しきれない状態が続いてしまうと、細胞の原材料であるタンパク質と劣化結合して「AGE」という物質が生成されてしまいます。AGEが蓄積されると細胞が正常な働きをできなくなり、肌の老化が加速してしまいます。

女性2
女性2
AGEをため込まないことが大事なのね


 

糖化がお肌に与える悪影響はどのようなものでしょうか?

 

体の中で糖化が進行することで、お肌を構成する成分であるコラーゲン線維の弾力性が著しく低下します。それによりお肌のハリがなくなってしまい、たるみの原因となってしまいます。

さらくお肌全体が黒っぽい印象になりくすみが発生してしまいます。糖化が進行し過ぎた状態として糖尿病がありますが、糖尿病患者のお肌を見るとよくわかります。お肌からはハリが失われ、たるみんでくすんだ印象を受けることでしょう。

女性1
女性1
たるみや黒ずみだなんて・・・怖いわ


 


たるみとシワ

お肌のハリは真皮にあるコラーゲンとエラスチンが生み出しています。これらはタンパク質の一種であり、糖化はタンパク質と糖が結びついて劣化する作用のため、当然ながら糖化することでお肌のハリに影響を与えてしまうわけです。

コラーゲンとエラスチンは網の目状に張り巡らされており、これらが自由に伸縮することでハリが生まれるのですが、AGEはこの網の目の線維同士をくっつけてしまい、うまく伸縮できなくしてしまいます。伸縮性が失われた線維は硬くなりもろくなってしまいます。これがたるみやシワの原因となるのです。

特に40歳を過ぎたあたりから体の代謝サイクルが減速するため、糖化でできてしまった老廃物や、劣化してしまった線維が体内に蓄積してしまいがちですので注意が必要です。

 

シミやくすみ

お肌のシミの原因といえばメラニン色素ですが、本来は紫外線からお肌の細胞を守るために必要な色素となります。正常な状態であればメラニン色素は新陳代謝によって、古い角質層と一緒に排出されるのですが、糖化にりこのサイクルに悪影響を受けます。

AGEが蓄積していると、このサイクルがうまく働かず表皮部分に沈着してシミになってしまうのです。さらに糖化によって老廃物が細胞に蓄積され、くすみや黒ずみによりお肌の透明感が失われてしまいます。

余談ではありますがお肌の色を調べてみると、AGEの多い人ほど赤味が弱くなり、黄色味が強くなるとのことです。これにより血色が悪くて不健康、透明感のない肌に見られてしまいます。

女性2
女性2
AGEは貯めないよう普段から意識すればよいのね


 

抗糖化するにはどうすれば良いのか?

 

タンパク質と糖が劣化結合するとAGEになります。でもタンパク質も糖質も体には必要な栄養素で取らないわけにもいきません。ではどうすれば良いのでしょうか?


・食べる順番を意識してみる
糖化を促進しないようにするは、血糖値の上昇を抑える必要があります。食べる量や回数を減らせば、もちろん血糖値はその分上がりにくくなります。

でも我慢ばかりしてはストレスがたまってしまいますし、長続きしませんよね。でしたら食べる順番を意識してみてはどうでしょう。「お野菜を一番最初に食べる」ことを意識してください。(野菜サラダやお野菜の煮物など)同じものを食べるとしても、

お野菜を先に食べるだけで、血糖値の上昇を抑えることができます。接種する糖質の量は同じであっても、先に食べた野菜に含まれる食物繊維の作用で、後から食べるものの糖質の吸収を遅くすることが可能です糖質の吸収が遅くなれば血糖値の上昇おはゆっくりになり、血糖値の高い時間が短くなるのです。

 

まとめ

 

お野菜は生野菜が最も良いそうです。野菜ジュースや調理した野菜は、消化がよくて吸収スピードも早いため、血糖値の上昇も早くなってしまいます。食べるものや食べ方に気を付けて、糖化しにくい体を作ってください。それによりお肌も若々しく保つことができるのです。





おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす