menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



40代は【健康のターニングポイント】

公開日:2020年04月28日 カテゴリー:健康・病気 タグ:, , , , ,

40歳が健康のターニングポイント!?

体質の変化を感じる40代

ある調査では、実際40歳を超えてから体質の変化等が感じられたかどうかを聞いてみると、半数近くのが「ある」と回答、体質の変化を感じた時期を男女別にみると、女性の方が、20代や30代といった若年層を挙げる人が多い傾向にありました。

 

加齢や生活習慣の積み重ね等によるものだけでなく、女性の場合は妊娠・出産など体に影響を与える要素が多い事もその要因だと考えられます。また体質の変化として最も多かったのが「体力の変化」に関するもので、「疲れやすくなった」「無理がきかなくなった」「体力が落ちた」という声が多くありました。

 

次いで代謝の変化に関するもので、「太りやすくなった」「痩せにくくなった」など。「中年太り」といわれるように、若いときは太っていなかった人も40代になると肥満傾向になっていきます。肥満は糖尿病をはじめ、さまざまな生活習慣病を引き起こすリスクを高めます。体力が落ち、疲れやすさを感じることで、体を動かすことをつい避けてしまいがちなため、それがより太りやすい体を作ってしまう結果となり、そして健康を損なうことに

女性1
女性1
ダメなスパイラルになるわけね。


 

生活習慣病を発症しやすくなる40代

健康なつもりでも、生活習慣病にかかるリスクはあります。定期的にメタボ健診を受けたり、人間ドックで体を重点的にチェックする、女性は、婦人科検診を積極的に受ける機会をもつことも必要になってきます。

 

自覚症状が出る前に病気の徴候を発見できるよう、健康を守る上でも、体をきめ細かくチェックすることで、特に女性の場合に多い、40代から乳がんの早期発見にもつながります。

 

体力と代謝の低下、それに伴う肥満や生活習慣病にかかるリスクを防ぐためにも、日常から「疲れない体」を作るストレッチを取り入れましょう。「運動不足」以上に、実は「柔軟性が低下している」可能性があります。そこで、40代からは、強い筋肉よりもしなやかな筋肉を作ります

 

体幹トレーニングで「姿勢を整える」

姿勢が悪いと、体のバランスが悪くなり、それだけで体に余計な負担がかかってしまいます。「背筋を伸ばしたままでは逆に疲れるのでは」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、本来「正しい姿勢」でいると、長時間同じ姿勢でも疲れを感じないはずです。「逆に疲れる・・・」と感じる方は、体幹を鍛え、「姿勢」をいつもよくするように心掛けましょう

 

「10分のランニング」で、リフレッシュを

「汗をかく」が、体内の老廃物や疲労物質などを体外に出し、代謝の改善を促します。また、心身ともにリフレッシュしでき、むしろ疲れがとれると感じることができるのでは。「毎日走らなければ!」のプレッシャーが逆にストレスになりますので、「気が向いたときに10分、軽く走る」ぐらいの気持ちで十分です。

 

上手にサウナに入って、とにかく「汗をかく」

「汗をかく」ために、サウナの活用がお勧めです。ただ、無理に負担をかけ過ぎないよう、「温冷交代浴」を意識することが重要です。高血圧症など持病のある人には、水風呂ではなく、「足だけを水風呂に入れる」「ぬるめのシャワーを浴びる」という方法でも問題ありません。サウナを「上手に活用」できれば、短時間で効率的に「汗をかく」ことができます。

 

ストレッチで「下半身の柔軟性」を高める

40歳を過ぎたら、ストレッチの時間を増やしましょう。特に「下半身の柔軟性」を高めるストレッチは、ケガの予防のみならず、リラックス効果も期待できるので、日々の生活や体調を整えるためのサポートになります。

女性2
女性2
正しい姿勢と、柔軟な体が若さの秘訣なのね。


 

まとめ

年齢に見合った運動をうまく取り入れることで、40代になっても「疲れない体」を維持し、健康を保つことは十分可能なのです。健康のターニングポイントとなる40代。「体力」と「代謝」両側面をケアしながら、健康的に過ごしましょう。





おすすめページ










美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす