menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【もっと自分を大切に】

公開日:2020年04月28日 カテゴリー:健康・病気 タグ:, , , , ,

もっと自分を大切に

 

多用な40代女性だからこそこれからはもっと自分を大切に

一般的に、40代女性のかかりやすい病気として挙げられるものとして、帝王切開/異常分娩/子宮筋腫/子宮内膜症/子宮頸がん/子宮体がん/卵巣がん/バセドウ病/乳がん/関節リウマチ/全身性エリテマトーデス・・・などがあります。

 

そして、中年太りといわれるように、若いときは太っていなかった人も40代になると肥満傾向になってきます。肥満は糖尿病をはじめ、さまざまな生活習慣病も引き起こします。生活習慣病を発症しやすくなる40代は、メタボ健診を受ける機会をもつことも必要です。糖尿病をはじめ、がん、心臓病、脂質異常症(高脂血症)なども、初期には症状がほとんど現れません。健康なつもりでも、様々な生活習慣病の芽が宿っていることがあります

女性1
女性1
歳を取ると痩せにくいからって、
言い訳にして納得してたら駄目ね。


 

大切な健康診断

メタボ健診だけでなく、人間ドックも受け、自覚症状が出る前に病気の徴候を早期に発見することです。健康を守る上でも、体をきめ細かくチェックし、病気の早期発見に威力を発揮する人間ドックや健診を毎年受けるようにしましょう。

女性の場合、40代から乳がんの発症率がグンと高まりますので、婦人科検診を積極的に受けることも大切です。乳がんは、女性特有のがんの中で一番多く、年間約8万人が発病し、40代から急激に増加します。原因はまだはっきりとわかっていませんが、女性ホルモンが関係している言われております。

 

乳がんは、早期に発見できれば治癒可能な病気ですが、発見が遅れると死亡率が高くなります。そのため、触診のほか、マンモグラフィーや超音波検査などの乳がん検診を定期的に受けることが大切です。とはいえ、40代の女性は、家庭でも社会でも重要なポジションにいる方が多く、日々的に多用で、中々自分の体のことを気遣う時間はないかもしれません。

女性1
女性1
ついつい自分のことは後回しにしちゃうのよね。


40代がかかりやすい病気

ただ、30代に比べ、40代では、かかりやすくなる病気として挙げられる種類だけでも、2割増加するといわれております。それだけ、健康状態を損なうリスクが増えています。

 

特に現代においては、高学歴且つ社会経験がある方で、結婚や妊娠で仕事を辞める選択をした方も多く存在し、子育ての終了とともに生きがいを喪失してしまって、高いポテンシャルがあるがゆえに、そのエネルギーの使い道が見つからずストレスが溜まっていく。

 

それによって、上手にストレスマネジメントができないと、かかりやすい病気に、「更にかかりやすくなってしまう」だけでなく、更年期障害をも重症化してしまう可能性があります

 

まとめ

ホルモンバランスの崩れが原因での疾病が多い40代女性。もちろん、個人差はありますが、「年齢的に更年期だから」「更年期の影響だから」と自己判断せず、定期的に婦人科で診断を受けることをお勧めします。

 

平均寿命が80歳を超えるようになった現代では、40代以降の人生が長くなっており、ある意味、人生のターニングポイントと言えます。ここでもう一度自分の人生を見直し、今までの生活パターンをシフトさせることが、
この時期に必要なことです。

 

これらをネガティブに捉えず、生きがいを持って生き生きとした毎日を過ごすことが何よりの予防と言えるでしょう。

女性2
女性2
私も元気なうちに生きがいを見つけなくっちゃ!






おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす