menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



【カラダのチェック】その肌荒れ、腸内環境が影響してるって!

公開日:2020年04月28日 カテゴリー:腸内環境 タグ:

その肌荒れ、腸内環境が影響してるって!

 

腸内環境と肌荒れ

お肌や髪、お通じが悪い、気分もすぐれない…。
腸内環境の乱れかも?

 

いろんなスキンケアを試しても効果を感じられないなら、腸内環境を見なおすタイミングかも?

 

肌は毛細血管から栄養を受け取ったり、老廃物を排出するためにはこびだしたりする役割をもつのが血管です。
腸が整っていると、栄養を取りつくしたカスや有害なものがある程度たまると便となって出ていきます。
腸が乱れると、スムーズに出ず、長時間留まり、悪玉菌がさらに増えて、有害な物質がどんどん吸収され血液から体全体に運ばれていってしまいます。

 

体に良い働きをしてくれる善玉菌を増やすことが美肌への近道なのです。

女性1
女性1
スキンケアで直せなかったら腸内環境が原因かもってたしかに体調悪い時は肌荒れしてたかも・・・


 

腸内環境が悪いと起きやすい肌トラブル

 

  • ニキビや吹き出物ができる
  • 肌が乾燥する
  • いろんなものに過敏になる
  • 皮脂分泌が増える
  • 肌のくすみ
  • 肌のかゆみ
  • 肌のざらつき

 

こんな生活・食生活の人は注意!

普段何気なく行っている食事や習慣が腸内環境の悪化になっているかも…?

 

  • 外食が多い
  • 甘いものをよく食べる
  • サラダだけを食べることが多い

 

腸内環境を悪化させる生活・食習慣

 

〇冷え  腸内環境を乱します。

昔から「お腹は冷やしたらダメ」と言われてきましたよね?
これは医学的・科学的にも根拠があるのです。

身体が冷えれば血行が悪くなります。

血液は身体中に栄養分を届け老廃物を回収、体外へ排出する働きがあります。
血行が悪くなると各臓器の機能が低下します。

それは腸にも及びます。

大腸はぜん動運動をして食べたものを消化・吸収をしています。
これをコントロールしているのが自律神経で、身体が冷えると自律神経の働きにも弊害が出て動きも弱くなります。
その結果、便が長時間腸内に溜まり、菌バランスが崩れ善玉菌が増加、充満してしまいます。

おへその周りはほとんどの血液が経由しているので、ここを温めると効果的に全身を温められます。

 

〇睡眠不足   

腸に限らず睡眠は、細胞の再生や修復を行われているため、不足したり質が悪いと必然的に肌への影響も。

 

〇糖分の摂りすぎ

過剰な当分は悪玉菌のエサになるため、腸内細菌を悪化させる大きな原因になります。

また、体内で糖化が進んでしまうと、毛細血管がダメージを受け肌に栄養を届けづらくなります。
さらに皮脂も過剰に分泌されやすくなります。

 

〇早食い 

しっかり噛んで食べないと消化に負担がかかります。

一口30回が目安。

咀嚼回数を多くすると消化に有効な酵素を含む唾液が出やすくなります。
噛むことで食べ物の大きさを物理的に小さくするということと、唾液に含まれる消化酵素によりでんぷんなどは構造的にもちいさくすることができるので胃や腸の消化の負担も減らすことができます。

男性1
男性1
腸内環境を悪くする行動。。。取ってる!
気をつけなきゃいないなぁ。


 

食事・必要な食材について

 

お肉やお魚、野菜など、バランスよく食べることが大切です。

偏った食事は腸内環境の悪化にもつながります。

また、どんなにいい栄養素を摂取してもそれをうまく消化・吸収できているかが重要です。
腸内環境を整えるために必要な食材を摂りましょう。

*食物繊維

不溶性食物繊維・・・
オクラ・ほうれん草・ブロッコリー
キノコ類(エリンギ・えのき。しめじ)
玄米・大麦などの雑穀
豆類・おから等々

水溶性食物繊維・・・
わかめ・昆布等の海藻類
こんにゃく
アボカド・熟した果物

 

*良質な油 

オメガ3脂肪酸・・・
魚やアマニオイル・エゴマ油に豊富
ナッツ類。特にクルミに多く含まれている

オメガ6脂肪酸・・・
大豆油やコーン油などに豊富

オメガ9脂肪酸・・・
オリーブオイルなどに豊富

 

必須脂肪酸オメガ3とオメガ6のバランスが健康には大事

どちらも細胞膜の材料になる大切な働きをしています。
しかし、人体の中で作り出すことができないため、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、どちらも食品から必ず摂取する必要があります。
このことから「必須脂肪酸」と呼ばれています。

 

日常でオメガ6・9は取り入れやすいですが、オメガ3を増やすためには
昔から食べていたイワシ・サンマ・サバのような青魚がおススメです。

*腸内細菌のエサ

味噌・納豆・キムチなどの漬物などの発酵食品

 

*酵素

新鮮な生の食材(野菜・フルーツ・魚。肉)
発酵食品にも多く含まれる。

女性2
女性2
バランスよくね! キムチも好きだし いろいろ試してみよう!!






おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす