menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



活性酸素が肌に及ぼす影響と、抗酸化作用を高める方法とは?

公開日:2020年03月25日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:

あなたは「酸化」という言葉を聞いたことがありますか?
小学校の授業などで習ったと思います。

リンゴなどは切って時間が経つと黒くなりますし、鉄なども置いておくとサビてしまいます。
これは空気中にある「酸素」を取り込んで、「酸化」という化学反応を起こしているわけですが、
我々人間も同様に「酸化」を行っているのです。

それでは「活性酸素」という言葉はご存じですか?

最近では、テレビや雑誌などで取り上げられることも増えたため、
目にしたことがある方も多いかもしれません。

さきほどお話しした通り、あなたを含め人間は皆、日々無意識に呼吸を行っています。

それによって体内に酸素を取り込んでいるわけですが、
取り込んだ酸素を体内にある「ミトコンドリア」が消費すると、
一部が「活性酸素」という物質に変化するのです。

「活性酸素」は他にも紫外線を浴びたことや、
喫煙によっても増加してしまいます。

この「活性酸素」は体内に侵入したウイルスと戦ってくれるため、
必ずしも悪者というわけではありませんが、普通の酸素よりも細胞を「酸化」させてしまう力が強いと言われています。

ですので加齢やストレス、喫煙などで数が増えすぎてしまうと、

・シワやたるみ(コラーゲンを破壊)
・しみやくすみ(メラニンを増加)
・癌
・老化
・生活習慣病

などの原因になると考えられています。

美肌を目指す上で、
この「活性酸素」を抑えることが非常に大切になってきます。

ではこの「活性酸素」を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか?
答えは「抗酸化作用」を高めることです。

もともと私達人間は、自身の体の中で抗酸化酵素を生み出しています。

「じゃあ、何もしなくても勝手に増えるから問題ないのでは?」

と思うかもしれません。
しかし残念なことに、この「抗酸化酵素」を体内で作り出す力は、20代をピークに下がり続けてしまうのです。
ですので「抗酸化酵素」を作るの手助けをしてあげる必要があります。

体の外から補ってあげるしかないわけですが、
代表的な「抗酸化作用」を高める栄養素は以下となります。

・ビタミンA
動物由来のレチノールと、植物由来のベータカロテンなど
発育の促進、肌健康の維持などの作用

緑葉色野菜、チーズ、卵、うなぎなどの多く含まれる

・ビタミンC
細胞同士をつなぐコラーゲン(たんぱく質)の原料
皮膚や粘膜の維持、ストレスへの抵抗力アップ

果物(柑橘類)、イモ類など

・ビタミンE
脂質の酸化防止、動脈硬化を防止

ナッツ類(アーモンドなど)、魚介類など

積極的にとることで、
抗酸化作用を高めることができます。

近頃ではサプリメントやドリンク剤など、
ドラッグストアでも手軽に手に入るようになりました。
意識して継続的に取り入れることで、
「活性酸素」の働きを抑えましょう。



おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす