menu

ビューティライフスタイル情報サイト

美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす

 



あなたがニキビだと思い込んでいるそれ。本当にニキビですか?

公開日:2020年03月25日 カテゴリー:美肌、老化(活性酸素) タグ:

ニキビとは、毛穴の中に皮脂がつまることにより、アクネ菌が増殖してしまい、
毛穴の中で炎症をおこしてしまったものです。

基本的には思春期(10代)の時にできるものであり、
それ以上の年齢でできる場合は、
「大人ニキビ」や「吹き出物」と呼ばれます。

ニキビと吹き出物の違い

ニキビと吹き出物は同じものです。
しかし皮脂の過剰分泌が起こる原因に違いがあります。

・ニキビ(10代)
思春期の体の成長に伴い、ホルモンの分泌量が多くなります。
このことで皮脂の量も多くなってしまい、
毛穴の中に皮脂がたまりニキビが発生してしまいます。

・吹き出物
お肌のターンオーバーの乱れにより、
古い角質がはがれずに残ってしまい、
お肌の表面に蓄積されてしまいます。
その古い角質が蓋の役割を果たしてしまい、
皮脂が毛穴の中に残って吹き出物となります。

できる場所と原因

・ニキビのできる場所

ホルモン分泌によって生成される油脂は、
おでこや鼻などの「Tゾーン」に多く出るため、この部分に出来やすい。

・吹き出物のできる場所

吹き出物の場合は、
体の不調の場所により出来る場所が異なる。

1.口のまわり

冷たいももの取り過ぎや、暴飲暴食で胃腸が弱ったときに出来やすい
治るのが長引く場合は慢性化している危険があるため、食生活の見直しが必要

2.鼻やアゴまわり

夜ふかしなどによる睡眠不足や、食事を取る時間が不規則などの生活の乱れ、過剰なストレスなどがかかると出来やすい
生活習慣の改善が必要

3.おでこや眉間まわり

咳などが続く呼吸器系の不調があると出来やすい

吹き出物の原因となりやすい食べ物とは?

これらを食べるとすぐさま吹き出物になるわけではありませんが、過剰に接種すると吹き出物が出来やすい環境になります。
また、吹き出物ができてしまった場合には控えることを意識すると、症状の改善に繋がります。

・香辛料などの刺激物
発汗作用で汗がでるだけでなく、毛穴をふさぐ油脂の分泌を促進してしまいます。

・揚げ物などの油分の多いもの
吹き出物の原因である皮脂の分泌が増えてしまいます。

吹き出物をどのように治すのか

では、できてしまった吹き出物はどうすればよいのでしょう?

・運動による発汗でデトックス
刺激物による発汗ではなく、運動や入浴などによる発汗で、お肌の表面に蓄積した老廃物や油分を外に排出します。

・吹き出物の周辺を清潔に保つ
お肌が不潔な状態にあると、吹き出物の原因となる炎症が促進されてしまいます。
また、清潔に保とうとしてゴシゴシと洗顔をしてしまうと、強い刺激を与えることで熱が発生し、炎症が進んでしまいますので注意が必要です。

・食生活を見直す
皮脂の分泌を調節し炎症を抑えるビタミンB2、新陳代謝を促進するビタミンB6などが豊富な食材を積極的に取り入れる。
食物繊維を多めに取れば、余分な皮脂を排出してくれます。

・睡眠時間を確保する
お肌に関わらず細胞の生まれ変わりは、夜寝ている間に行われます。睡眠は成長ホルモンの促進し、免疫細胞を活性化します。
時間が確保できていても、夕食後4時間以内に就寝してしまうと、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまうため注意が必要です。

・炎症をとめる薬の使用
あまりにも吹き出物がひどいようでしたら、皮膚科を受診して、炎症どめの薬を処方してもらうのもいいかもしれません。
短期的には即効性があって良いとは思いますが、生活習慣からくる吹き出物には根本的な対策が必要です。医師と相談しながら改善してことになります。

体の不調が顔に出る。吹き出物はあなたの体からの救難信号かもしれません。生活習慣を見直して、体の中から綺麗になりましょう。



おすすめページ

美肌・老化・健康、ミトコンドリア、心(ストレス)に関する質問を受け付けます!

お名前(必須) 質問メッセージ
美的PRO.com|40代女性からが本番。いつまでも若々しく自分らしくストレス無しの人生を過ごす